【 世界遺産リゾート 熊野倶楽部 】

▼ 美しご馳走

▼宿泊予約

ご夕食
魚介の宝庫 熊野灘と、人が守り育ててきた熊野の里山。四季折々の山海の幸を活かした和洋の創作料理を、
料理長がお勧めするコースでお愉しみ頂けます。
季節の基本会席の「月彩」コース、そして月彩に熊野の特別な最上級食材を加えた「迦陵」コースをご用意致しました。 ※ 当店では伊賀米こしひかりを使用しております。
※ その時々の最良の素材を厳選して使用いたしますので、内容が変わる場合がございます。


[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]

 迦陵 


迦陵は月彩のグレードアップコースとなり、美熊野牛の炭火焼が一品追加されます
[イメージ写真]

お飲み物
日本屈指の雨量を誇る紀伊山地。峻厳な山々がもたらす清らかな水で醸した熊野の名酒と、
温暖な気候が育んだ貴重なフルーツリキュールを、こだわりの美食とともにお召し上がりください。
(下記は一例です。ノンアルコールドリンクも各種ご用意しております。)

 大吟醸大大古酒 穀雨 <穀雨限定昭和63年醸造>


昭和63年に醸造された吟醸酒を、じっくりと熟成させた大大古酒。
最高級酒米 播州産山田錦特Aを30%まで精米(通常の大吟醸は精米歩合50%)したもので、
地元愛好者の間では「日本酒の解脱」と呼ばれる極めて貴重な日本酒です。
酒蔵さんのご好意により、熊野倶楽部の料亭「穀雨」専用のお酒として平成24年からご提供する事が可能になりました。
[イメージ写真]

 純米酒 熊野ものがたり 松本峠


地元酒蔵さんが作る地酒三部作の一つで、やや辛口の純米酒。
舌に絡むキリッとした旨みが特徴で、爽快感のあるすっきりとした味わいは、どんなお料理にも合います。
[イメージ写真]

 吟醸 熊野三山


世界遺産 熊野川の清浄な伏流水を使用し、丁寧に磨き上げた山田錦を伝統的な製法で醸した吟醸酒。
精米歩合55%、日本酒度+3.0の、辛口で旨みもある美味しい名酒です。
[イメージ写真]

 熊野めぐり麦酒


すっきりとした飲み口クセがなく、ゴクゴク飲めるライトな地ビールです。
[イメージ写真]

 じゃばら酒 


世界で唯一、和歌山県北山村でしか採れない貴重な柑橘「じゃばら」を使用した大変貴重なリキュールです。
じゃばらは酸味と甘味のバランスが非常に良く、花粉症などの抑制が期待できる食材として注目を浴びています。
[イメージ写真]

 桃山の桃酒 


高品質で高糖度な桃で知られる和歌山桃山町のをたっぷりと使用した贅沢極まりない清酒ベースのお酒です。
桃独特のトロリとした柔らかな舌触りが女性に大変好評です。
[イメージ写真]

ご朝食
ゆったりした熊野の朝のひとときをお過ごしいただけるように、お料理は、お一人様ずつ個別にご用意しております。
まずは、やさしく濃厚な味わいの熊野産みかんジュースと6点盛りの可愛らしい前菜をどうぞ。

肉厚な鯵、脂の乗った秋刀魚等、炭火焼きでふっくらと焼き上げた干物を日替わりでご用意。お米は県内の伊賀米をふっくらと炊きあげております。お味噌汁には熊野の紀和味噌と西京味噌を合わせたオリジナルの味噌を使用し、まろやかな味わいに仕上げています。
 
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]
[イメージ写真]

ご昼食

ご昼食は、『旬彩食房 馳走庵』のランチバイキングをお楽しみください。
(土曜、日曜、祝日のみ営業)
野菜をふんだんに使用した熊野定番のおばんざいを中心に、
月替わりのフェアメニューもご用意。 デザートも豊富に取り揃えています。
営業日時 土日祝11:00~14:00(最終受付)